IOH
夏の落とし文
夏の落とし文


IOH PRODUCE
「夏影 さよならをするために2013 」
作/演出 林 邦應
2013/1/26 >> 2/3 @下北沢シアター 711


二人のおばあちゃんと夢を抱き都会の片隅で奮闘する男たちの、
次元を超えた愛おしいひと時の物語…。』

A バージョン

早田 剛
与那嶺圭太
明石鉄平

北村易子
名和利志子

B バージョン

長戸勝彦
林 邦應
北村易子
名和利志子

藤原習作
[劇団め組]

1990年、まだまだバブル景気に浮かれた人々が闊歩する都会の片隅、
小さなアングラ劇団のアトリエで暮らしつつ、
舞台という夢にしがみつきながら生きている青年たちがいる。
極貧生活ではあるけれど、彼らは明るく元気である。
ぜなら”輝く未来“を信じているからだ。
           
ある日曜の午後、結婚披露宴にニセの友人役で出席するという、
気がめいるアルバイトを終え、溜まりに溜まったストレスを爆発させる青年たち。
そんな中、二人のおばあちゃんが尋ねてきたことから、物語は動き出していく。
  
おあちゃん達は、ちょっと変わっていた。やたらハイカラであったり、
意深なアドバイスをさらりという。そしてとにかく馴れ馴れしいのだ。
当惑しつつ、二人のペースに巻き込まれていく男たち。
           
二人の前に突然現れたおばあちゃんたちの目的は…?
そして…。




公演日程
2013年1月26日[土] >> 2月3日[日]14ステージ

TT

開場は開演30分前 / 未就学児童入場不可
開演後のご入場はご指定のお席にご案内できない場合がございますので 開演の5分前までには会場にお越しくださいますようお願い致します。


チケット一般発売

全席指定・税込 ¥4,200[未就学児童入場不可
セット割チケット¥7,000[二つのバーションをお得な価格で!


チケット予約

チケット!
セット割チケット!


問い合わせ
090−4018−0324

711map



Copyright [c] 2011 IOH produce All Rights Reserved. / Since 1992 IOH
IOH produce / E-mail : ioh-tkt1992@lake.ocn.ne.jp