脚本作品

ラジオドラマを中心に執筆の依頼を受け、文化放送、NHKの脚本を担当。テレビ・映画の企画が進行中。BS日テレの看板番組「恋のエチュード」の構成作家。 1999年書いた「ファイティング寿限無」は30分の小品ながら、前座の落語家がボクシングをしながら自分の人生を見つめ直すストーリーを、近藤芳正氏の独り芝居に構築し、 第36回ギャラクシー賞選奨を受賞

NHK名古屋

FMシアター「水辺の歌」 (芸術祭参加作品)

NHK岐阜 中部ラジオ劇場「天下分け目のそば屋物語」
文化放送 「公園デビューなんて怖くない」「ファイティング寿限無」
(第36回ギャラクシー賞選奨作品)


略歴

1981 東京キッドブラザース入団。
1987 同、退団。
1992 劇団I・O・H創立。
すべての作品の作・演出を手掛け現在に至る。
2003/7月 トップミュージシャン、角松敏生と林邦應(作・演出)の
コラボレーショ ン公演「REBIRTH」を、本多劇場にて上演。全公演SOLD OUTとなる。
この公演には、角松氏自身が主役として登場。
全編に流れる音楽も角松氏が担当し、大きな話題となった。

東京キッドブラザースの黄金期を、柴田恭兵、三浦浩一らと過ごし、ニューヨーク公演、全米ツアー、日本全国ツアーなど経験後、退団した役者(林邦應、小野剛民、名和利志子、磯部弘)が、自分たちのめざすストレートプレイをつくりたいと1992年,IOH創立。 決して派手ではないが、心に沁みる作品をつくり続けて、上は80歳から、下は小学生まで年齢の壁を越えた、お客様が劇場に足を運んでいる。`95『夜と夜の旅人』以降、シリーズ化されている家族の物語は、日本人 の忘れてはならない、家族愛、故郷への思い、人間の優しさを描き、小劇場では見ることのできない世界を心を込めて作り続けていると評価を 受けている。 2007年6月シアタートップスにて2週間公演後、活動を休止中。2009年、活動開始。 2011年1月 劇団IOH 再始動。


主なI・O・H 作品

全公演 作演出 林 邦應


「BETTER TOMORROW」  
「さよならをするために」 「もう一つの別の広場」
「夏への扉」  「風の向こう側」
   
「夜と夜の旅人」  「いまひとたびの…」
「きみ去りしのち」 「硝子の天井」
「EAST&WEST」 「虹の降る場所」
「雨のためいき」 「寝ても覚めても」
「春遠からず」 「やっとお別れ」
[以上  I・O・H版家族シリーズ1〜10]
   
「フォーテイラブ」  「夏のしずく」  
「ゆめごころ」 「あかね空を越えて」
   
「ハナウタ日和」
2009年6月、
新家族シリーズ1弾
「お彼岸ホリデー」
2009年10月、
LANDROPE project)
「笑うマネキねこ」
2011年1月
劇団IOH 復活公演
「はしゃぐ茶柱」
2011年5月


その他の舞台

2001年1月 近藤芳正プロデュース 劇団ダンダンブエノ蔵出し公演 「持ち上げる人」 
シアタートップス
共同脚本演出=近藤芳正・ 林 邦應   
出演=阿部 寛、酒井敏也、山西 惇、谷川清美、近藤芳正 (NTV 劇場中継にて放映)
2003年7月 角松敏生+IOHプロデュース 「REBIRTH」
本多劇場
脚本・演出=林 邦應 音楽・主演=角松敏生  
角松敏生、初舞台初主演の音楽劇。
2005年3月12-27日 木根尚登+IOHプロデュース 「家族対抗歌合戦」  
シアタートップス(22回公演)
作・演出=林 邦應 音楽=木根尚登(TMネットワーク)
出演=木根尚登、名和利志子、小野剛民、伊東貴明 ほか
2008年1月 劇団たいしゅう小説家 「SOHJI そうぢ!」
下北沢・本多劇場
作・演出= 林邦應
出演= 石井正則、大林素子、柳浩太郎、高杉瑞穂、 ほか
2008年8月  ケイ・ファクトリープロデュース 「四十雀ノコイ」
新宿シアターTOPS  
作・演出=林邦應 
出演= 井之上隆志、山崎直樹、黒田アーサー、吉井怜 ほか
2009年12月 NAOTO KINE+IOH project
「天使の涙 ~竜眼堂物語vol1」
下北沢・シアター711(20公演)
作・演出=林邦應 音楽・主演=木根尚登
出演=木根尚登、小野剛民、名和利志子、新宮乙矢、滝沢乃南ほか
2009年12月 ゼロプロジェクト・ミュージカル 「トゥルー クリスマス」 
シアター サンモール
構成・演出= 林邦應
出演=石井正則、渡辺美奈代、速水けんたろう、セーラ 他
2010年2月 NAOTO KINE+IOH project <下北沢演劇祭参加作品>
「天使の涙2010 ~竜眼堂物語vol1」
下北沢・シアター711(16公演)
作・演出=林邦應 音楽・主演=木根尚登
出演=木根尚登、小野剛民、名和利志子、浅香航大、滝沢乃南ほか 
2010年11月 劇団たいしゅう小説家present`s 「熱風EVOLUTION」
シアター711
作・演出=林 邦應
出演=小野剛民・名和利志子・ひわだこういち 他
2010年12月 ゼロプロジェクト・ミュージカル 「トゥルー クリスマス」
池袋芸術劇場小ホール1
構成・脚本・演出= 林邦應
出演=石井正則、木根尚登、兼崎健太郎、セーラ、山沖勇輝 他
2011年4月 劇団たいしゅう小説家present`s
「GONDA`S STORY ~ぼたもちの調べ~」
MAKOTOシアター
作・演出=林 邦應
出演=瞳ひろし、富田翔、藤原祐規、高崎翔太 他
2011年8月~9月 劇団「絵生」公演
「友情 ~秋桜のバラード~」
三越劇場  伝承ホール
作=布勢博一 演出=林 邦應


その他の構成・演出・脚本

1999年  「実演家の権利を考える」連続シンポジウム 
5DAY (日本芸能実演家団体協議会  主催)
「俳優」「演芸」「音楽」「舞踊」「伝統芸能」
1999年  「トーク&コンサート 〜カラオケの功罪とその歴史」   
不法録音物対策委員会 
(芸団協・JASRAC・レコード協会 主催) 松山、宇都宮、静岡(3都市縦断)
2000年  「トーク&コンサート 〜未来の歌謡曲」
不法録音物対策委員会 
(芸団協・JASRAC・レコード協会 主催) 札幌、仙台、新潟(3都市縦断)
2001年  「ACAシンポジウム」
出演 中村うさぎ 他
2001年  「トーク&コンサート 〜愛する歌ができるまで」
不法録音物対策委員会
(芸団協・JASRAC・レコード協会 主催) 長野、前橋(2都市縦断)
2002年  「長谷川千恵(テイチクレコード)新曲発売ライブ」
2002年  「トーク&コンサート IN 福島」
不法録音物対策委員会 
(芸団協・JASRAC・レコード協会 主催)
2004年  「トーク&コンサート IN 千葉」
不法録音物対策委員会
2006年  「トーク&コンサート IN沖縄」
不法録音物対策委員会
出演  夏川りみ  ほか


BS日テレ

『ドラマブック・恋のエチュード』   2002-2004年  
31回放送分 構成担当
出演
ともさかりえ・桜井幸子・篠原涼子・櫻井敦子・新山千春・佐藤仁美
鈴木砂羽・山本耕史・伊藤かずえ・石野真子・宝生舞・雛形あきこ
小島聖・田畑智子・加藤紀子・矢部美穂・若村真由美  他
iohproduce

TOP
林 邦應

はやし くにお



プロフィール

出身地
長野県 松本市

生年月日
1960年10月1日


林邦應